2019.6.12(水)~ 6.14(金) 幕張メッセ(国際展示場/国際会議場)

企画名
Area / Session Type
小間番号
Booth Location
8N11

ユニテックス(英文社名:UNITEX)

UNITEX

担当部門 システムソリューション営業部
Country
住所 Address 〒252-0305 神奈川県相模原市南区豊町15番3号 ユニテックス第二ビル
TEL 050-3386-1242
FAX 042-710-4660
メールアドレス Email sales@unitex.co.jp
URL http://www.unitex.co.jp/index.shtml

展示概要

大容量データの長期保管を低コストで実現するLTOテープを利用した保存・管理システム&ソリューション

ユニテックスブースでは、大容量データの安全で確実な長期保存に適した以下の製品を展示しています。 ・世界で唯一のUSB接続LTOテープ装置「LT Series」 ・LTOテープ複数同時作成、複製、各世代マイグレーションに最適「多機能型 Dual LTO」 ・自動的に大容量、長期保存を実現する「LTO自動長期データ保管システム」 ・高速データ入出力、保存データ管理機能を提供するアーカイブソフトウェア「UNITEX ArchiveLT」 また、Blu-rayやDVDなどでの大量配布するための仕組みとしてBD/DVD/CD連続自動作成・印刷・読込システムの「ODA1400」も展示しています。

1高速USB3.0 LTO-8テープ装置「LT80H USB」

USB接続LTOテープ装置は、ユニテックスが開発した世界で唯一のLTO磁気テープ装置です。 これまでのLTOテープ装置は、主にサーバのバックアップに利用されてきましたが、コンパクトで大容量、低コストで長期保存にも適した堅牢性から、現在ではアーカイブをはじめ広くデータ保管に利用されています。 特に、USB接続となったことで利便性が飛躍的に向上し、放送・映像をはじめさまざまな業界で利用されています。 基本のシングルタイプからドライブを2台搭載したデュアルタイプ、マシン室での利用に最適なラックマウントタイプ、シングルはUSBとSASの両インタフェース搭載のハイブリッドタイプもご用意しています。

高速USB3.0 LTO-8テープ装置「LT80H USB」

2LTO自動長期データ保存システム

LTOテープライブラリによるテープ自動搬送、トリガによる自動アーカイブ実行など、運用オペレーション低減を実現するLTOアーカイブシステムです。 利用頻度の低いデータを保存する特定フォルダを用意し、本システムと連携することで簡易的な階層管理が実現可能です。 オンデマンド実行も可能で、ネットワークから実行するためのリモートクライアントソフトウェアを利用することで、複数部署での共有、LTOテープ装置が利用できない環境からのLTOテープへのアーカイブも可能です。 9巻搭載タイプのスモールなシステム構成から60巻搭載タイプのミッドレンジなものまで、お客様の規模感に合わせたシステム構成が可能です。

LTO自動長期データ保存システム

3LTOアーカイブソフトウェア「UNITEX ArchiveLT」

LTOテープおよびHDD・NAS、オプティカルディスク・アーカイブなどへの高速アーカイブ、リトリーブ、オフライン管理機能を提供するアーカイブソフトウェアです。 アーカイブ時には最大 4 つの出力先へ同時に保存でき、アーカイブ後は保存されたデータに誤りがないか元データと比較し結果が記録されます。 アーカイブした記録は内部のデータベースにて管理され、オフライン検索が可能です。 スタンドアロンでの利用に加え、オプション機能と組合わせることでスケジュール実行や特定条件での自動実行、ネットワーク上のリモートクライアントからの実行、コマンド・SDKによるシステム連携などさまざまな利用が可能です。

LTOアーカイブソフトウェア「UNITEX ArchiveLT」