2019.6.12(水)~ 6.14(金) 幕張メッセ(国際展示場/国際会議場)

企画名
Area / Session Type
Academic Innovation
小間番号
Booth Location
5G15

奈良先端科学技術大学院大学(英文社名:Nara Institute of Science and Technology)

Nara Institute of Science and Technology

担当部門 総合情報基盤センター
Country Japan
住所 Address 〒630-0192 奈良県生駒市高山町8916-5 〒630-0192 Information Initiative Center, 8916-5 Takayama-cho, Ikoma, Nara 630-0192, JAPAN
TEL 0743-72-5111 0743-72-5111
FAX
メールアドレス Email
URL https://itcw3.naist.jp
https://www.naist.jp
https://itcw3.naist.jp/index.en.html
https://www.naist.jp/en/

展示概要

曼陀羅システムの挑戦 〜コスト削減、セキュリティ向上の実現とDRの取り組み〜

 本学では先端科学・技術に関する大学院大学の教育研究を支援するために「曼陀羅システム」と呼ばれる全学情報環境を整備しています。本システムは21.5ぺタバイトの大容量記憶装置、ギガフロップクラスの計算処理能力を持つ計算サーバ群、並びに伝送速度100Gbpsの基幹ネットワーク等により構成されています。その他、本システムの災害時・非常時の可用性を高めるために、DR (Disaster Recovery/災害対策・復旧)への取り組みを行っています。本展示会では、コスト削減と同時にセキュリティ向上を実現させている最新曼陀羅システム,及び本学のDRへの取り組みについて紹介します。

Booth Information

Challenge of MANDARA System - For cost reduction, security improvement, and approach concerning DR -

In order to support education and research concerning advanced sciences and technologies for graduate schools, we have built the information environment for a university called "MANDARA System". It has 21.5 petabytes of large-capacity storage, the computing server cluster with gigaflop computing power, and a backbone network with a transmission rate of 100 Gbps. Others, we are working on DR (Disaster Recovery) as a disaster countermeasure. In this exhibition, we will introduce MANDARA System with which cost reduction and security improvement are achieved simultaneously and our approach for DR.